遺言作成や永代供養は専門の代行業者に依頼するのがおすすめ

事前に準備する

墓

行っておくとよい工夫

一般的には、家族が亡くなって初めて墓石を建てることを考えることが多いですが、生前に墓石を準備しておくことで多くのメリットがあります。 まず、墓地探しにはある程度の時間がかかり、場所が決まった後も発注から完成まで時間がかかります。生前に準備しておくことで自分はいつ死んでもよいという安心感が得られます。 そして、生前に準備しておけば家族に経済的負担をかけるという心配もなくなります。墓石は相続税や固定資産税の課税対象ではないため、資産価値の高い墓石を建てたとしても課税されないため大きなメリットとなります。 また、宗教的な意味でも生前に墓石を建てる寿陵は家に幸せをもたらし長寿が約束されるとされ、非常に縁起のいいこととされています。

墓石に関するトレンド

現在は少子化による継承者不足により、従来の家族用ではなく一人用の墓石が人気を高めています。 それだけでなく、桜の大木の根元に共同埋葬する「桜葬」、血縁を超えて共同埋葬される「共同墓」、海や川に遺骨や遺灰を撒く「散骨」、お盆やお彼岸だけのお墓参りよりもずっと身近に供養できる方法と言われる「手元供養」等の人気が高くなっています。 また、トレンドの一つとしてお参りに行くと遺骨を収めた墓碑が電動で参拝堂に出てくる「全自動のお墓」やパソコン画面に現れた墓石や遺影に手を合わせる「インターネットのお墓参り」も注目を集めている。 これらは賛否両論ありますが、命日やお彼岸にお墓参りするのが難しい方、子供たちに負担をかけたくないという現代人のニーズに合致しています。

Copyright© 2017 遺言作成や永代供養は専門の代行業者に依頼するのがおすすめ All Rights Reserved.