遺言作成や永代供養は専門の代行業者に依頼するのがおすすめ

価格を知る

ダンボール

整理業の価格について

最近、テレビや雑誌で何かと耳にする機会が多い遺品整理は、親世代との同居が少なくなった現代社会において、大変需要が高まっている業種です。 遺品整理とは具体的に、亡き故人の遺品類の整理や片付け、買取や処分などを行うことです。 亡き故人との思い出が詰まった部屋や物の清掃は、想像以上に精神的に辛いものです。 また、家族がいなかったり、家族が遠方で離れて暮らしていたり、仕事で忙しかったりなどで、部屋や物の片付けができない方々が多くいます。 こういう場合は、値段はかかりますが、遺品整理のプロにおまかせするのをおすすめします。 物の量や、作業人数で値段は変わってきますが、ワンルームで10万円ほどで、一軒家だと30万円以上はかかると見積もっていたほうが無難です。

遺品整理は心の整理です

最近何かと話題の遺品整理ですが、実はその歴史はとても浅く、遺品整理業者が創立したのは、なんと2000年以降で、ここ10年くらいの話なのです。 それ以前は、いわゆる便利屋とよばれる、なんでも困っていることをしてくれる業者が遺品整理を行ってきました。 しかし、親との同居が少ない現代社会で、その需要は高く、また遺品整理では遺品の処理や分別、買取や処分などのことだけではなく、業者によってはハウスクリーニングや供養なども引き受けてくれるところも出てきています。 ここ数年のニーズの高まりから、ついに遺品整理士という資格も誕生したのです。 これは、国家資格ではありませんが、一般社団法人の登録商標でいわゆるその道のプロになるので、とても頼もしい資格と言えるででしょう。

Copyright© 2017 遺言作成や永代供養は専門の代行業者に依頼するのがおすすめ All Rights Reserved.