遺言作成や永代供養は専門の代行業者に依頼するのがおすすめ

仏様を考えた選び方を

部屋

お墓をどうするのか考えたら

先祖代々のお墓はあるのだけれど、帰省するのも大変ですし管理するのも大変と言う事をよく聞きますね。 昔であれば、家督を相続した人がお墓の管理をしていたものでした。しかし、少子高齢化が進んだ現代では、どうしても管理できなくなってしまう場合があります。 では、そのような時はどうすれば良いのでしょうか。お寺の檀家になっている場合はお寺の住職に相談するのが良いのではないでしょうか。檀家のお寺で墓地を持っていれば永代供養をお願いします。また、お墓の建立をしていなくても、納骨堂があればそこにお祀りして貰うと良いでしょう。お寺によって年間の使用料金や法要などの費用が変わって来ますが、自分で管理できない事を悩まなくて済みますから助かるものです。 しかし、永代供養を頼む時に将来的にお骨をどのように扱うのか費用の事も含めて良く相談しておかなければなりません。

永代供養はいつまでしてくれる

自分たちで管理できなくなったお墓の管理をお寺にお願いすると未来永劫にその場所でお祀りして貰えると思っていませんか。 宗派やお寺により規定が異なりますが、一般的には50年を1つの節目にしている所が多い様です。50年を経過した遺骨は他の遺骨と一緒合祀されます。 納骨堂に入れて貰う場合も50年とか、30年、10年などと期間があり、遺族の意向により納めて貰います。その期間によって管理費が変わって来ますので、事情により選択するのが良いでしょう。 また、お寺だけではなく墓石を扱う石材屋でも納骨堂を持っている所があります。 跡取りがいないとか子供に迷惑を掛けたくない、檀家のお寺が無いなどと言った場合、永代供養をお願いし、納骨堂に納めて貰う事で先祖をお祀りできるのです。 この場合、永代供養をしてもらうのに宗派は関係なくお祀りして貰えます。 いづれにしても残された人の責任ですからきちんとお祀りする必要があります。

Copyright© 2017 遺言作成や永代供養は専門の代行業者に依頼するのがおすすめ All Rights Reserved.