遺言作成や永代供養は専門の代行業者に依頼するのがおすすめ

買う前に確認すること

ウーマン

仏壇購入の際に知っておきたいことについて

仏壇の無い家で葬儀が行われた場合は、四十九日の法要までに用意をします。仏壇は先祖を祀るものだと思われがちですが、仏壇の中心には、各宗派の本尊が安置されています。本尊やその両脇に飾る両脇仏等も宗派によって違うので、菩提寺に合ったものを購入します。 大きく分けて、金仏壇と唐木仏壇の2種類があります。金仏壇は、杉や松、ひのきを使い、漆塗りと金箔や金粉で装飾を施した華やかなもので、価格は100万円前後からと高価になります。 唐木仏壇は、黒檀、紫檀、桑、けやき、桜などの木で木目を生かして作ります。金箔を使ったものより低価格で、関東地方を中心に購入されています。 また、若い世代や集合住宅に住む方には、家具の上に置ける上置き型が選ばれおり、価格も手頃で10万円程で購入できるものもあります。

長く使うものなので慎重に選びます

仏壇は、高価なものですし、心のよりどころとなる大切なものですから、知識が豊富で、予算や住宅事情に考慮してアドバイスをしてくれる良心的な店舗で購入しましょう。良いものを選んで、ていねいに手入れをすれば、長い年月使用できるものです。汚れてしまってもきれいに掃除してくれるサービスや、メンテナンス保証が付いていると安心です。 10万円前後から数百万円、数千万円の価格ものまでありますが、大切なのは、その家に合った仏壇を選ぶということです。インターネットで購入する際は、信用できる店舗なのかを見極め、メールや電話などでやり取りをして、材質などの確認もした方が良いでしょう。価格の安さだけをアピールするような業者は要注意です。家族や兄弟ともよく相談して、皆が気持ちよくお参りできるものを選びましょう。

Copyright© 2017 遺言作成や永代供養は専門の代行業者に依頼するのがおすすめ All Rights Reserved.